公務員試験対策講座のご案内

ガイダンス日程
「やりがい」発見!公務員の役割

 

ガイダンス日程

公務員試験対策ガイダンス
4月12日(水)16:30〜18:00

職種別ガイダンス
国家公務員・地方上級ガイダンス 4月27日(木)16:30〜17:30
技術職ガイダンス 5月8日(月)18:10〜19:10
警察官・消防官ガイダンス 5月9日(火)16:30〜17:30

春の受講説明会
第1回 5月11日(木)16:30〜17:30
第2回 5月17日(水)12:20〜12:50
第3回 5月23日(火)16:30〜17:30

秋の受講説明会
第1回 9月22日(金)16:30〜17:30
第2回 9月25日(月)16:30〜17:30

1・2年生向け公務員試験対策ガイダンス
10月19日(木)16:30〜18:00

西宮CUBEキャンパス 公務員試験対策ガイダンス
5月19日(金)10:40〜12:10

ポートアイランドキャンパス 公務員試験対策ガイダンス
5月19日(金)13:00〜14:30

ガイダンス(会場)教室については生協ホームページでご確認ください。
 
 

やりがい」発見!公務員の役割

公務員にしかできない仕事がある。
きっと、あなたの「やりがい」が見つかります。


将来、公務員になりたいと考えている学生、公務員を志望する学生は例年多くいます。公務員制度改革に対応できるリーダーシップや柔軟性をもった人材が求められるなど、公務員を取り巻く環境も変わりつつあります。そのため公務員試験では筆記試験のみならず、人物試験(面接・集団討論)も重視されます。この講座では公務員試験に必要な学力だけでなく、人物試験対策にも取り組み、これまで多くの合格者を輩出してきました。公務員ガイダンスや個別面談を通して、皆さんの不安を解消できるカリキュラムとなっています。

さらに講座の全てを甲南大学で実施するため、受験する皆さんにとっては学部の授業の後、すぐに講座に出ることが可能になっています。皆さん自身が、この講座を基本にできるだけ踏み込んだ学習を行うきっかけとして頂くことを期待します。
〜甲南大学キャリアセンター〜
 
国際的な視野を持って
世界規模のグローバル化により、外務省をはじめ各省庁では日本らしい国際貢献や日本の魅力の発信といったさまざまな活動に取り組んでいます。経済産業省では地域経済統合を目指すなど対外経済政策を進め、また農林水産省では世界の貿易の自由と公平を促進するために作られた国際機関WTO(世界貿易機関)交渉などを行っています。地方自治体でも姉妹都市・友好都市提携、交換留学制度など、国際交流が広がっています。自衛隊ではPKO(国連平和維持)活動など平和と安定に向けた取り組 みが行われています。
環境を守る
環境省では環境の保全、生物多様性の保全、近年では地球温暖化対策として自然環境の保護および整備に取り組み災害に強く、環境負荷の低い地域づくりを推進しています。農林水産省では、食料の安定供給の確保、農林水産業の発展を図ると共に人為的温暖化の要因と言われるCO2排出を抑えるバイオマスエネルギーの開発および活用などにも力を入れています。
林野庁では森林を守り育てるため国有林の管理経営や治山事業を担当しています。産業とエネルギー、環境とエネルギーの共存に向け公共交通の利用促進や建物の省エネ対策などの問題に取り組んでいます。
地方自治体では、森林資源の活用や太陽光、風力、火力などの自然エネルギーの活用、上下水道の整備、廃棄物の減量・リサイクルなどの生活環境の整備に取り組んでいます。
公平な世の中をつくる
公正取引委員会は独占禁止法を運用することにより、自由な経済活動が公正に行われるように企業の違反行為に目を光らせ、消費者の利益を守り公正で自由な競争を目指すことで経済全体の成長を支えています。
裁判所は双方の立場を考慮し、法に基づき公平な世の中になるよう努めています。その事務を支えているのが裁判所職員です。
お金(税金)を扱う
財務省は国の健全な財政の確保や公平な課税の実現、及び税務関係の管理運営などの業務を行います。
財務局…国有財産の管理、地域経済情勢等の調査、金融機関の検査・監督 などを行う。
税関…輸入品の検査関税徴収、輸入禁止および規制物品の取締りを行う。
国税局・税務署…内国税の賦課徴収を担当する。
事業税・不動産取得税・自動車税など、また市町村においては市県民税・固定資産税・軽自動車税などを徴収することにより行政サービスの財源としています。
まちを元気にする
県庁や市役所では少子高齢化、中心市街地の衰退、山間地域の高齢化や過疎化などの対策を進めています。住民自身が自分たちのまちを盛り上げるよう行政への参加を呼びかけています。国家レベルでも各省庁がそれぞれ政策、政治活動、都市計画などの視点でまちづくりに関わっています。ソフト面に関わる事務官、ハード面に関わる土木や建築などの技官も多く携わっています。
暮らしを守る
少子高齢化が進むなか、国民生活の保障と向上を図る厚生労働省を中心として、医療や介護、社会福祉、公的医療制度・年金制度の再構成を目指します。地方自治体では健康診断や予防接種など住民の健康の確保・増進を図る取り組みや、生活保護や子育て支援など生活しやすいまちづくりを行っています。また、裁判所では近年メディアで話題になっている多重債務・過払い請求問題など不法な経済負担から国民の生活を守る仕事が行われています。
働くことに関わる
厚生労働省では、労働者の働く環境の整備・雇用の確保・労働者の安全と健康の確保などに取り組んでいます。なかでも若者の就職環境は厳しい状況にあります。就職活動を続ける若者の就職支援を全力でバックアップしています。
労働基準監督署は労働基準法に定められた監督行政機関として、労働条件及び労働者の保護に関する監督を行います。また、全国各地に公共職業安定所(ハローワーク)があり、地方自治体と連携し、地域の就業・産業構造の変化に即応した雇用対策を推進しています。
人の成長に関わる
国民の教養や人格形成を育むために、教育の振興および生涯学習の推進、創造的な人材の育成をはじめ、学術・スポーツおよび文化の振興を担う文部科学省、初中等教育を支える学校事務、高等教育を支える大学法人職員などの事業があげられます。
また、地方自治体では、教育委員会などで地域に即した学校教育・生涯教育、スポーツ交流等を支援しています。
さらに、心理職職員や法務教官、家庭裁判所調査官などは、専門的知識を生かし青少年の育成にあたっています。
安全なまちづくり
東日本大震による津波、原発事故発生以降、国と地方自治体が協力し、自衛隊・警察・消防等による救助活動、各省庁による義援金・物資などの管理や支援、避難所の管理運営、原子力発電所事故の対応などいろいろな支援が行われています。
災害時だけでなく、社会の安全を守るため、国の事業はさまざまな省庁が分担して施策しています。警察行政全般の管理運営や各種政策の企画・立案を行う警察庁、国の法秩序の維持、犯罪者の矯正や更生保護、出入国管理等を行う法務省、インフラ整備など国土保全行政を担当する国土交通省、民間の経済活力の向上及び対外経済関係の円滑な発展並びに鉱物資源およびエネルギーの安定的かつ効率的な供給を図る経済産業省などがあります。
地方自治体では、防災マップ作成などの防災対策、防犯パトロールなどの防犯対策、土地区画整備や市街地再開発などの都市機能の向上も行われています。バリアフリーを考慮したものへの移行など住民の安全な生活のためにさまざまな政策が進められています。
人のを守る
市民生活の平和と安全を守り、秩序の維持にあたる警察官には都道府県警察官と警察庁警察官(スペシャリスト候補)があります。犯罪の複雑化・国際化に伴い、情報処理や語学などの専門的分野の採用もあります。
●都道府県警察を指揮・監督する警察庁
●犯罪の捜査、刑事事件の公訴提訴などを行う検察庁
●海の安全を守る海上保安庁
●皇居などを警備する皇宮警察本部があります。

火災や交通事故、地震、水害などの災害に急行し、消火や人命救助に当たる消防のなかで、救急消防士や高度救助隊・特別高度救助隊(通称「ハイパーレスキュー隊」「スーパーレスキュー隊」など)も注目されています。
なお、消防庁は全国の消防組織と連携し、自治体消防制度の企画・立案と運用の指導や助言を行い、また、防衛省はグローバルな視点から日本の安全保障政策を担っています。さらに専門的分野では、語学・国際関係・工学などの採用もあります。
 2018年受験 公務員試験対策講座 職種紹介