生協のしくみ

組織概要
生協のあゆみ

 

組織概要

(2018年2月末日時点 )
名称 甲南大学生活協同組合
住所 神戸市東灘区岡本9丁目6番4号
代表者名 理事長 都染 直也
専務理事 内田 真紀子
活動区域 甲南学園内
組合員数 10,383名
出資金額 281,555(千円)
供給高 1,045,768(千円)
職員数 正規7名 定時220名

▶︎ 甲南大学生協定款はこちら
 
 

生協のあゆみ

今日に至るまでの経過

現在甲南大学生協では、テキストなどの書物を扱う書籍部、日用品ならびにPC関連を扱う購買部、組合員に安心出来る食事を提供する食堂部、海外語学留学・旅行並びに住まいの斡旋等さまざまなサービスを提供するサービスカウンターならびにカフェショップカフェパンセなど多様な事業部門に分かれて組合員に幅広くご利用いただいています。また、組合員活動についても、リサイクル容器のデポジットによる回収を始め、健康チェック企画の実施、学内活動サークルと一緒にフェアトレード商品を組合員へ紹介するなど、新しい活動も積極的に行っています。

今年で、40年目を向かえる甲南大学生協ですが、組合員のさまざまな要望への対応の中で、事業の拡大ならびに業態の変更をしてきました。

ー1994年(平成6年)
新たに、現在の学友会館北館が建設されるにともない、購買部店舗、フードショップ店舗、食堂などをリニューアルし、特に食堂にはいち早くカフェテリア形式を取り入れました。また、教職員組合員へはレストラン形式の店舗を開始しました。

ー1995年1月
阪神大震災の際には、一早く食堂の営業を再開し組合員へあたたかい食事の提供を行い、甲南学園及び職員労働組合より感謝状が授与されました。
2001年4月 UCC並びにリーガロイヤルと提携し、カフェショップカフェパンセを開店しました。

ー2004年9月
西校舎店・2005年4月六甲アイランド店がリニューアルし、コンビニエンスにほかほか弁当機能を追加した新しい業態の店舗に生まれ変わりました。

ー2004年9月
下宿紹介事業について大学より全面移管を受けました。また、毎年始めて一人暮らしを始める新入生を対象に「下宿生活オリエンテーション」を開催し、ゴミ捨てのルール、防犯についての心構えやご近所付き合いのきっかけづくりを始めました。

ー2006年4月
それまで損失が出ていた複写センターについて、大学より全面移管を受け、新たな収益事業に転換しています。

ー2007年3月
アルバイト紹介事業について移管を受けました。

ー2007年9月
発注から会計処理までを一環して行う基幹業務システムを導入し、業務の効率化を計っています。また、ICカードシステムを併せて導入し、ミールカードサービス(食堂の年間利用定期券)並びにポイント制といった新しいサービスを開始しています。

ー2009年4月
西宮CUBEキャンパス並びに神戸ポートアイランドキャンパスが開校し、それぞれのキャンパスにもコンビニエンスショップを出店しています。また、西宮CUBEキャンパスでは、ラウンジ機能を持ったカフェテリア店舗を併せて開店しています。なお、新キャンパスでは大学より委託を受けIC学生証の発行業務を行っています。

以上のように組合員の要望に応じて、新たな事業に取り組みつつ、組合員ならびに大学との信頼関係を築きつつあります。